レーシックイメージ

レーシックによって全くの別世界になりました。

私は、中学生くらいから視力が低下してきて、高校生の頃にはメガネが必要になり、その後も視力が低下し続けて、働く頃には0.1を下回る視力までなりました。
もともと、色々なスポーツをしてきたのですが、汗をかいて、鼻のところがむれて痛痒くなったり、飛び跳ねるとメガネがずれて不快な気持ちになることが多く、メガネが徐々に嫌いになってきました。
また、メガネをやめてコンタクトレンズを利用していた時期もありましたが、寝る前に外して、朝起きてまた装着する手間が非常に面倒くさかったり、コンタクトレンズをつけたまま、うたた寝をした後の目の痛さが耐えれず、メガネもコンタクトレンズも徐々に嫌になってきました。
そんなとき、世間でレーシックが流行ってきて、色々、情報や体験談などを調べるようになりました。
ただ、最初は、高額な費用による経済的な問題や、目にレーザーを当てることに対する恐怖感や失敗した時のリスクなどが頭をよぎり、すぐには手術を受ける決断をできませんでした。
しかし、友人や家族などぞくぞくと実際に行うようになり、その効果を目の当たりにして、少しずつ気持ちが変わってきました。
また、それに加えて費用負担の目安がわかったり少しずつ安価になってきたことや手術の安心感などを聞くうちに、リスクよりも効果を求める感情が高まってきて、本格的にレーシック手術を行える病院を探すようになりました。
そして、自宅から割と近くに、クチコミで安定した評判がある病院が見つかりましたので、まずは相談をして、その結果、手術を行うことにしました。
いざ、手術の日になり、やはり恐怖感が少しずつ湧いてきました。
色々な情報を得て、安心感や期待感が強くなっていたのですが、当日になるとやっぱり不安になるものです。
しかし、再度、友人の成功談を聞いて家族とも話すことにより、踏ん切りがついて病院につきました。
病院では、先生はもちろんですが、看護師さんたちもすごく優しく、癒され、リラックスして手術室に行くことができ、施術を受けることができました。
すると、これまで感じていた不安や恐怖感が嘘のように、http://www.cpu-collector.com/syu.htmlにも書いてあるように、手術は20分、いや、10分程度でしょうか、それくらいの短時間が手術が終わりました。
痛みや違和感は確かに少しはありましたが、痛み止めの目薬をさすことによって、症状は明らかに弱まり、その次の日には、薬がなくても痛みや違和感を感じなくなりました。
そして、肝心の視力はというと、0.1以下であったのが嘘のように、1.5まで回復していました。
視力が上がると、世界が変わると聞いてはいましたが、これほど変わるものかと驚くほど、よく見え、本当に世界が変わりました。
また、これまで感じていた、コンタクトレンズやメガネの不快感がなくなったことによる喜びが非常に大きく、2重の効果がありました。
さらに嬉しいことはというと、自分が入っていた生命保険では、レーシックも手術扱いになりましたので、保険金をいただけたことです。
これにより、不安の一つであった費用負担も軽減されました。
今のところは視力低下はありませんが、もし、また下がってきた時には、費用の心配が軽減され、手術への安心感も増しましたので、また行いたいと思っています。
本当によかったです。
また手術の後遺症についてはこちらhttp://www.cameratadecaracas.com/kou.html

Copyright(C) 2010 手術で視力を回復.com All Rights Reserved.