レーシックイメージ

劇的に視力の回復が図れるレーシック手術

私は元々、生まれつき視力が良く、視力検査は小学校の頃から、測定される範囲の中で一番良い数値を出していました。
大学時代、卒業前に内定した会社の健康診断で視力を測定した際も、両目共に2.0という視力でした。
しかし、内定した企業に入社後、毎日遅くまでパソコンに向き合う業務を行い、特に、当時の目が疲れる質の悪いディスプレイのノートパソコンで、入社半年頃から、細かい数字を打ちこんだりする会計業務に携わることになってから、視力がどんどんと落ちて行きました。
入社から丸2年後には、両目の視力が共に0.2まで落ち込み、昔からプレーしていた延長で入社3年目に入ってから会社の草野球チームに入ったのですが、昔の感覚で裸眼で打席に立つと、ボールではなく、マウンドの投手がぼやけて見えるあり様でした。
その後も視力は落ち続け、最終的には両目共に0.02まで落ちました。
レーシックの事は学生時代から存在は知っていましたが、当時の自分には無関係なものでした。
社会人になり、視力が落ちてからも、スポーツ選手など、リスクを負ってでも視力を回復させないと不都合な仕事をしている人だけが行うようなもの、というイメージを持っていました。
実際、当時の私の周囲でレーシックを受けた、といった話は聞いた事がありませんでしたので、一般大衆向けの治療法、というイメージは持てませんでした。
また、レーザーを目に当てる、ということが、可能性は少ないのかもしれないものの、失明のリスクもあるのではないか、そういった思い込みもありました。
また、最近ではレーザーを使わないレーシック手術http://www.axflip.com/laser.htmlもあるそうですね。
これらの事情がレーシックを現実的な選択肢として私が認識できない理由でした。
しかし、その後は費用も安くなる等の影響もあり、どんどん大衆化していきました。
私の周囲にも数名レーシックを受けたという人が現れ、各々に劇的な視力の回復を経験していました。
彼らを通じて、私も実際に色々な情報を聞く事が出来るようになりました。
その中で、レーザーは眼球に当てる訳ではない、という事を知りました。
これで安心した、という側面もあり、私はレーシックを受けることにしました。
私はレーシックを専門的に行っているクリニックで手術を受けたのですが、そのプロセスは、前もって病院で検査を1回実施して、その上で日を改めて手術を受ける、というものでした。
初めて病院を訪れたのは、手術前の検査の日でした。
その時の第一印象は、間違った見解である事は承知の上なのですが、レーシック患者しかいないはずの病院に、あまりに多くの人が受診に来ている事が分かり、これだけの人が受診して大丈夫であるならば、私もきっと失明などのリスクを負うことなく手術を受けられるのであろう、と勝手に思ってしまった事を鮮明に覚えています。
そして事前の検査は時間としては4時間程度かかりましたが、事前の手術受信は1回のみでした。
手術本番もクリニックの滞在時間は1時間半程度。
実際に手術をする時間は両目合わせても3分程度でした。
http://www.arizonasaves.org/c11.htmlにも詳しく書いてあるように、この簡単な手術によって、私の視力は再び両目とも2.0と劇的に回復しました。
手術の後も、当日は目が染みて、クリニックで処方を受けた抗生物質入りの目薬を点眼しながら時間を過ごす形となりましたが、翌日からは目が染みることもなく、快適な裸眼での生活が戻ってきたのでした。

▼こちらのレーシックサイトも必見です。

Copyright(C) 2010 手術で視力を回復.com All Rights Reserved.